英語初心者からTOEIC高得点&英会話上達!英語勉強法 

英語を話せるようになるには、インプット(TOEIC、英検等)を積み重ねた上で、アウトプット(瞬間英作文、英会話)を積み重ねる必要があります。自身の経験も踏まえて、英語勉強法を発信しています。

【TOEICリーディングスコアが425点以上の方向け】おすすめ勉強法・教材

この記事は移転しました。約1秒後に新記事へ移動します。移動しない場合はココをクリックしてください。


 

 

今回の記事では、TOEIC500点から945点までスコアを上げた著者が、

TOEICリーディング425点以上の方の現状把握

・おすすめの勉強法と教材

について解説します。

リーディング425点以上は文句なしのTOEIC上級者です。トータルスコアも800点台に乗っていることでしょう。それでもまだTOEICを続けているということは、900点台を狙っているとても熱意のある方だと思います。

 

本記事の内容

1.TOEICリーディング425点以上の方の現状把握

2.要素別解説とおすすめの勉強法と教材

3.まとめ

 

  

1.TOEICリーディング425点以上の方の現状把握

まず、TOEICが公式に説明している内容を見てみましょう。

TOEICの公式認定証によると、TOEICリーディング425点以上の方は次のような傾向があるとのことです。

f:id:somega:20201224232946p:plain

これだと少し抽象的な面がありますので、著者なりに具体的な内容に落とし込んでみます。

私は、TOEIC受験者のリーディングのレベルを図るうえで、4つの要素があると考えています。

  1. 単語力
  2. 文法力
  3. 英文読解力
  4. テスト慣れ

前述のTOEIC証明書の説明にある通り、リーディングが425点以上の方は、TOEIC的にはもう卒業要件に達しているとお墨付きをくれている感じですね。

この段階になると、どれだけ勉強時間をかけても点数が全然伸びないのはザラです。TOEIC900点を狙おうとすると最低でも450点は欲しいところですが、ここからの10点、20点は本当に苦しいです(しかもその割にメリットがあまりない?笑)。

途中で挫折しないように、もしくは時間を無駄にしないように、今一度これ以上TOEICの勉強を続ける必要があるのか考えてみてもいいかもしれません。私は海外駐在に向けてアピールしたいタイミングだったので、頑張れました。


 

 

2.要素別解説とおすすめの勉強法と教材

1.単語力

それなりの難易度の英単語に出くわしても大丈夫なレベルになっていると思いますので、これ以上の英単語の勉強は効率がよくありません。教材で知らない英単語に出くわした際に新たに覚えるくらいでちょうど良いでしょう。

toeic800900.hatenablog.com

 

2.文法力

このレベルであれば、Part5・6の文法問題は基本レベルだけでなくちょっとした応用問題も含めてほぼ取り切れていると思います。

もう一段のスコアアップを狙うためには、やはり時間管理です。Part5・6にかかる時間をさらに短縮します。具体的には問題を見た瞬間に「あぁこのタイプの問題ね」と瞬時にわかるレベルまで、演習をやりこみます。引き続き一問10秒を目標に次の問題集などをどんどん解いていきましょう。

 

3.英文読解

模試形式の問題集を使って、実際に75分間でPart5・6・7が時間内に終わらせられるか、リーディングセクションを通しでやってみることをおすすめします。

模試で75分間・100問を終わらせることができなければ、緊張感のある本番試験で時間内に全てを回答することは不可能です。基本的にリーディングパートを時間内に解ききれないことは900点台は難しいということを意味しますので、特に900点台を目指す方は本気でやりましょう。

ここでのおすすめの教材は、王道「公式問題集」です。

公式問題集以外ではこちらの模試「精選模試リーディング」もおすすめです。TOEICリーディングの模擬模試を5セット掲載しており、十分なボリュームです。問題の難易度は私個人の感想としては、本番よりもやや難しいかなと思います。本番でのスコアを予測できる点数換算表もついていますので、目標点数との距離が分かり、対策を立てることができます。

どちらの問題集についても2周、できれば3周やりましょう。最終的には、見直しの時間を取るために70分くらいでリーディングパートを終えられるようにしたいですね。

 

4.テスト慣れ

最後に、「テスト慣れ」についてです。

このレベルの方は、もう十分すぎるほどTOEICに慣れていると思いますので、特にコメントさせて頂くことはありません。

あとは回答のスピードと正確性を上げるために、愚直に問題演習を重ねていくだけです。

  

3.まとめ

 TOEIC900点台と800点台には大きな壁があると思います。

その壁を言葉で説明するのは容易ではないのですが、強いて言うなら、900点突破のためには英語の総合力が試されると思っています。

私自身も初めて800点台を取ってから、900点台に乗せるまで、3年程かかっています。勿論、その間ずっとTOEICの勉強をしていたわけではないので、実質2年くらいだと思いますが、TOEIC慣れもしてかつ濃密な勉強をしたという自負があるにも関わらず、500点台から800点台に上げた時と同じくらい時間がかかりました。

なかなか点数が伸びず苦しい時期が続くかもしれませんが、前述の問題集などを時間を意識して反復学習することで、いつか望む結果をえられると信じています。

 

下記関連記事も是非ご参考ください。

toeic800900.hatenablog.com

toeic800900.hatenablog.com
toeic800900.hatenablog.com